鹿児島空港のお土産専門店「ドリームガーデン」です。鹿児島土産をはじめ九州のお土産を品揃え!
薩摩家のメイン商品画像

鹿児島の本流、ご堪能あれ。

鹿児島の代表的なお土産、お取り寄せ品。
薩摩家はその製法や使用する油などにもどことんこだわりました。
もちろん、作りたて・揚げたてをその日のうちに出荷。
おいしさも贈る気持ちも新鮮なままお届けいたします。

工場長から皆様へのメッセージ

薩摩家工場長工場長 平田 正和

この度は薩摩家鹿児島空港店へご来店いただき、誠にありがとうございます。
当社のさつま揚げは昔ながらの鹿児島独自の伝統的な味のさつま揚げはもちろんのこと、時代やニーズにあった味や技法も積極的に取り入れています。
食べて美味しい、贈って喜ばれるさつま揚げを目指して、薩摩家スタッフ全員同じ想いで皆様に選ばれるさつま揚げブランドとなるべく精進してまいる所存でございます。
なにかと至らぬ点も多々あるかもしれませんが、ご贔屓のほどお願い致します。

製品・味・素材・安全性などへのこだわり

薩摩家の材料厳選された素材

すり身はスケソウダラを始め、グチやハモ、ホッケなど、様々な種類の厳選した良質なものを使用しています。
更に、中に入れる具材によってすり身の種類を変え、素材の味を最大限に引き出ながら、すり身本来の甘味をそこなわないよう丹精込めて作っています。
だからこそ、薩摩家のさつま揚げにはプロの料理人も認める味わいがあります。
薩摩家では、甘さを抑えた「錦江味」と昔ながらの甘味ある「櫻島味」の2種類のさつま揚げをご用意。
お客様の好みや気分で選べ、様々なテイストのさつま揚げをお楽しみいただけます。
自社で検査機関をもっており、細菌・官能検査を行っています。厳しい基準をクリアしたものだけを出荷しております。

味の決め手は職人の経験と技

良質な素材を使い、伝統の製法に則ったすり身作り、そして具材を練り込む作業が味を決める上での重要な工程です。その日の気温や湿度に合わせて、さつま揚げづくり40年というベテランを中心とした職人たちが、すり身の微妙な変化を目と手触りで感じながら、塩擂りのタイミングや練り込む時間を調整しています。

おいしさを引き出す二段階加熱

一番釜ですり身全体に低温で十分熱を加えていき、二番釜で表面に高温で熱を加えて揚げ色を付けていきます。この二段階加熱がポイントで、素材本来の持ち味を損なわず、より一層おいしさを引き出すことができます。また、油に関しても酸度を測るなど、良い状態の油で揚げるようしっかりと管理しています。

産直!できたて発送

揚げたてのさつま揚げのおいしさを伝えたい。 そんな想いで薩摩家は作りたて・揚げたてのさつま揚げをその日のうちに出荷いたします。 工場直送だから真の味わいが楽しめます。

  • 薩摩家工場の外観▲薩摩家の店舗写真

  • 薩摩家の作業風景▲工場内の作業風景


表示切替: 並び順:
16件中1件~16件を表示
16件中1件~16件を表示

ページトップへ